[DGG] 小澤征爾指揮ボストンso. / ベルリオーズ:幻想交響曲Op.14

[ 1309-039 ] Berlioz - Boston Symphony Orchestra, Seiji Ozawa – Symphonie Fantastique Op. 14 - Episode De La Vie D'un Artiste

通常価格:¥ 3,850 税込

¥ 3,850 税込      

数量


商品コード: 1309-039

作品名:ベルリオーズ:幻想交響曲Op.14/--Rêveries - Passions (Largo - Allegro Agitato E Appassionato Assai)-- Un Bal (Valse: Allegro Non Troppo)-- | -- Scène Aux Champs (Adagio)--Marche Au Supplice (Allegretto Non Troppo)-- Songe D'Une Nuit De Sabbat (Larghetto - Allegro)
演奏者:小澤征爾指揮ボストンso.
プレス国:フランス, France
レーベル:DGG
レコード番号:2530 358
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
キズ情報:A面6時に微かな無音スレあり
レーベルタイプ:【フランスでのオリジナル】---青2本線狭内溝, 枠内3時にST33, 12時にMade in France(ラウンド銀文字), ブルーライン, グルーヴガード, 表記されたレコード番号:2530 358, Price Code:なし, Rights Society:DP, (P)1973, スタンパー/マトリクス:2530 358 = 2 S1 ℗ 1973 320 /2530 358 = 4 S2 ℗ 1973 320 (ラウンド小文字スタンパー・DGG通常タイプ), DGGステレオ製造を示す25***で始まりレコード番号を含まない専用マトリクス使用, マトリクス末の1972年7月以降にTime Codeが320に統一されたこと示す, 補助マトリクス(Time Code):320:1972年7月以降に製造されたマトリクスによる1973年製造分, 再補助マトリクス:1 2/A9 1 3, チューリップレーベル存在せず, フランスでこれより古いレーベル存在せず, フランスでの最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在するか不明, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, DGG音源の仏DGG製作仏PHILIPSプレス, 工場:CIDIS.Phonogram, Antony, フランスでのオリジナル, original in Fr.
ジャケット:【フランスでの第2版】---見開両面コート背黄, センター窓にCollection PRESTIGE, 表記されたジャケット番号:2530 358, Price Code:POL 380, 背文字:あり(黒色・黄色背景), (P)1973(C)なし, ジャケット裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがフランスでは当ジャケットではない・旧タイプあり), 製作:Deutsche Grammophon Fr.., 印刷:Imprimé Glory. Asnières , 三方開両面コート背黄ジャケット存在する, フランスでこれより古いジャケット存在する, フランスでの第2版, 2nd issue in Fr.
トピックス:1973年2月19日米国・ボストンのシンフォニーホールでのステレオ録音, 録音技師:Hans-Peter Schweigmann, プロデューサー:Thomas Mowrey, 録音監督:Thomas Mowrey, ドイツでは1973年Polydor International GmbHによりコピーライト登録・同年DGG:2530 358(青2本線・GT2レーベル)にて初リリース, フランスでは1973年仏DGG:2530 358(当装丁)にて初リリース, これ以前にカナダで1966年と1967年にトロントso.とのスタジオ録音があり・1966年分は米CBS:3211 0036にてLP発売された, これはフランスでのオリジナ盤がフランス第2版ジャケットに入るケースで初期盤, 小澤 征爾(1935-2024)は2024年〈令和6年〉2月6日に東京都内の自宅で心不全のため88歳で死去

商品詳細:小澤 征爾が亡くなったニュースが 報じられた。2024年〈令和6年〉2月6日に東京都内の自宅で心不全のため88歳で死去。訃報は9日に所属事務所から報じられた。ボストン交響楽団は小澤を追悼し--「With great sorrow, the Boston Symphony Orchestra announces the death of its beloved Music Director Laureate, Seiji Ozawa.」訳--「ボストン交響楽団は、深い悲しみとともに、敬愛する桂冠音楽監督、小澤征爾氏の逝去を発表します。」他世界中のオーケストラから追悼の声明が寄せられ、世界中の音楽家がメッセージを出した。音楽以外の分野からも、谷川俊太郎、横尾忠則、安藤忠雄、黒柳徹子、村上春樹らがコメントを出した。訃報は国内外の多くのメディアで報じられ、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポスト、ガーディアンなどは長い追悼記事を出し、「東アジアのクラシック音楽家に対する偏見を払拭することに貢献した(ニューヨーク・タイムズ)」などと、その功績を讃えた。一般の方には長野県松本市の音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」がよく知られる。しかしLPファンには1959年2月1日から、スクーター、ギターとともに貨物船で単身フランスへ渡り、その後1961年ニューヨーク・フィルハーモニック副指揮者に就任して、1960年代からRCAレーベル、EMIレーベルに複数の録音を残した事実をご存じだろう。日本人指揮者が海外の一流オーケストラを指揮して海外の一流レコード会社からクラシック音楽録音を海外市場向けに複数発売したことは画期的な出来事であった。DGGに移籍してからは多くの録音を行った。これは1973年2月ボストンでの録音。実はこれ以前に2回録音があり、初回は1966年12月1日/3日トロント交響楽団とトロント・マッセイ・ホール、また1967年トロント交響楽団との2つのカナダ録音があった。1966年分が米CBS~3211 0036にてリリースされている。DGGは3回目のスタジオ録音となる。ボストン響の音楽監督就任まもなくの録音。小澤は「幻想交響曲」を得意としており、実演ではウィーン音楽祭でウィーンso.を振り幻想交響曲を演奏し、ベルリンフィルの定期演奏会にも初めて演奏している。時代的に1960年代録音のような迫力は減退するが、欧米指揮者の真似ではない、独自の路線で勝負して、それが評価された点を忘れてはならない。

小澤征爾の在庫一覧へ




【特設ページへ移動】


×





SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)