[DECCA] P.フルニエ(vc) R.クーベリック指揮ウィーンpo. / ドヴォルザーク:Vc協奏曲Op.104

[ 1308-047pb ] Dvořák, Pierre Fournier, The Vienna Philharmonic Orchestra Conducted By Rafael Kubelik – Concerto In B Minor For 'Cello And Orchestra

通常価格:¥ 4,950 税込

¥ 4,950 税込      



商品コード: 1308-047pb

作品名:ドヴォルザーク:Vc協奏曲Op.104/--1. Allegro-- | --2.Adagio Ma Non Troppo--3.Allegro Moderato
演奏者:P.フルニエ(vc)R.クーベリック指揮ウィーンpo.
プレス国:フランス, France
レーベル:DECCA
レコード番号:LXT 2999
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【フランスでの第2版】---橙/銀外溝, 12時方向にMade in France(横書き銀文字), 10時に破線〇 LONG PLAYNG 33 1/3 RPM, 2時にffrr耳マーク, フラット重量, Rights Society:記載なし, (P)なし, Price Code:Ⓐ, スタンパー/マトリクス:CA ARL 2252-1A/CD ARL 2253-1A (ラウンド大文字マトリクス・英DECCA旧タイプ), DECCA規格モノラル製造を示すARLを含みレコード番号を含まない専用マトリクス使用, 3時:なし(フランス盤には存在せず), 再補助マトリクス(9時):2/14 13, マトリクスのAはGuy Fletcher(ガイ・フレッチャー)のカッティング担当を示す, 1950年代スタンパーによる1955-6年頃製造分, 金外溝ツヤレーベルが存在する(1954年分), フランスDECCAに内溝レーベルは存在せず, フランスでこれより古いレーベルは存在する, フランスでの最古レーベル・最厚プレスではない, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, 更に古いマトリクス存在しないと思われる, カッティング担当の前任者:なし, 英DECCA音源の仏DECCA製作プレス, 工場:Studios De La Société Française du Son, フランスでの第2版, 2nd issue in Fr
ジャケット:【フランスでの第2版】---赤系イラスト折返両面紙ペラ, 4時に白ベース長方□DECCA(白文字), 表記されたジャケット番号:LXT 2999, Price Code:Artistique, 背文字:なし(初期の証拠), ジャケ裏年号:なし, (P)(C)なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがフランスでは当ジャケットではない・旧タイプあり), 製作:Disques Decca. Paris, 印刷:Dehon et Cie Imprimerie Paris, フランスには数種のデザインがあるが青系イラスト折返両面紙ペラジャケットが最初と思われる, フランスでこれより古いジャケット存在する, フランスでの第2版, 2nd issue in Fr
トピックス:1954年3月24-25日ウィーンでのモノラル録音, 録音詳細不明, 英国では1954年The Decca Record Company Limited. Londonによりコピーライト登録・同年DECCA:LXT 2999(金外溝レーベル・フラット盤・折返紙ペラジャケット入り)にて初リリース, フランスでは1955年頃仏DECCA:LXT 2999(橙/金ツヤ外溝レーベル・フラット盤・青系イラスト折返両面紙ペラジャケット入り)にて初リリース→1955-6年頃同一番号・橙/銀外溝レーベル・フラット盤・当ジャケット入り(当盤), これはフランスでの第2版となる, 名演の一つ, フルニエは1948年クーベリックと旧SP録音がありこれは2回目録音となる, 第2版は文字の色が変わるだけで全く同一マトリクスが使われているので音質差は殆どない・違って1-2年である, 1961年ジョージ・セル/ベルリンpo.とDGGに再録音あり, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★★

商品詳細:誰もが知るこの有名なドヴォルザークのVc協奏曲は、チェリストの演奏スタイルや力量が顕になりやすい。フルニエは深い洞察力によって、この作品がチェロに求めてくる音色・表現の様々な表情の違いを弾きわけている。重厚で力強い音色はもちろん、チェロとは思えない繊細な音のレガート、柔らかく伸びる音色など、一度として同じ顔を持たず、フルニエ自身の声のような生々しさ、躍動感に満ちたチェロに耳を奪われる。フルニエの魅力を余す所なく楽しめる1枚。フルニエはこの曲を何度か録音しており、1948年クーベリックと旧SP録音がある。また1961年ジョージ・セル/ベルリンpo.とDGGに再録音がある。この録音は1954年のフルニエ48歳の壮年期の録音である。録音も1948年とは比較にならないほど高音質でライヴ録音など含め10回以上、スタジオ録音だけでも3回ある録音の中で最高位に数えられる録音で間違いない。フルニエのソロは意外な程情熱的である。しかし暴走するようなことはなく、基本どっしりしたスタンスで特徴的なロングトーンを駆使して気品を保ち続ける姿勢は崩さない。部分的には豪快なボーイングを見せるが荒々しさは皆無である。フランス人であるフルニエだが、この曲からはどこか暗調で淋しささえ漂う曲調となっており、ラテン気質が全面に出ることはなくドヴォルザークの曲に寄り添った様子が窺えるのである。この録音が名演とされる由縁はそのあたりにあるのではないだろうか?ドヴォルザークの曲にはスラヴ的な泥くささや民族色が付きまとう事が良しとされる空気があったことは確かだが音楽はまず格調の高さがあって、万人に受け入れられるはずである。そういう意味でフルニエには泥くささが全くないが、代わりに全体に漂うシリアスな雰囲気が名曲をして名演たらしめているように感じる。

フルニエの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】


×





SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)