[DECCA] W.トヴォレク, C.センデローヴィツ(vn) E.ヴァウニング(pf) J.ヒュー=クヌセン(vc) / クヌーズオーウ・リスエーヤ:Vn・VcとPf のためのソナタ, 2つのVnのためのソナタ

[ 1299-002 ] Knudåge Riisager sonatas Wandy Tworek ‎

通常価格:¥ 1,650 税込

¥ 1,650 税込      

数量


商品コード: 1299-002

作品名:クヌーズオーウ・リスエーヤ:Vn・VcとPf のためのソナタ Op.55a | 2つのVnのためのソナタ Op.55b
演奏者:W.トヴォレク, C.センデローヴィツ(vn)E.ヴァウニング(pf)J.ヒュー=クヌセン(vc)
プレス国:英国, United Kingdom
レーベル:DECCA
レコード番号:LM 4555
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:10インチ, 25cm×1
評価/レコード:7/6
評価/ジャケット:A
キズ情報:A面7時に極小~小12回出る点あり
レーベルタイプ:【英国でのオリジナル】---赤/金ツヤ内溝, 12時にMade in England, フラット重量, Rights Society:BIEM, (P)なし, Tax Code:C/T(1948年4月~1953年4月を示す), スタンパー/マトリクス:CA DRL 1604-1B/CA DRL 1605-1B(ラウンド小文字スタンパー・DECCA通常タイプ), DECCA?デンマーク?モノラル録音10"製造を示すCA DRL***で始まりレコード番号を含まない専用マトリクス使用, マトリクス末尾のイニシャルBはRon Mason(ロン・メイソン)のカッティング・マスター制作担当を示す, 補助マトリクス(3時):H/A, 再補助マトリクス(9時):2/2, 1950年代のスタンパーによる1952年頃製造分, 旧番号存在せず, 12"存在せず, これより古い番号存在せず, これより古いレーベル存在せず, 更に古いマトリクス存在せず, カッティング・マスター制作担当前任者:なし, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, DECCA音源のDECCA製作EMIプレス, オリジナル, original
ジャケット:【英国でのオリジナル】---折返紙ペラ, 表記されたジャケット番号:LM 4555 , Price Code:なし, 背文字:なし(初期の証拠), ジャケット裏年号:なし, (P)(C)なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが当ジャケットであると思われる), 製作:The Decca Record Company Limited. London, 印刷:Crystalate Ltd. Kent, これより古いタイプ存在せず, 12"存在せず, オリジナル, original
トピックス:1952年頃のおそらくデンマークでのモノラル録音, 録音詳細不明, 1952年頃The Decca Record Company Limited. Londonによりコピーライト登録・同年LMシリーズの当10"・LM 4555(当装丁)で初リリース, クヌーズオーウ・リスエーヤ(1897–1974)はデンマークの作曲家で近代作品だが聴きやすい作品で演奏は抜群に良い, ヴァンディ・トヴォレク (1913-1990)はデンマークの国民的なヴァイオリン奏者・SPも多数録音している, DECCAには2-3点のみと思われる, 大珍品にして大推薦の10", DECCAにVn小品4曲入りの7"SDE 7042が存在する, LM 4557でバルトーク:無伴奏Vnソナタがある, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★+

商品詳細:ヴァイオリン奏者、ヴァンディ・トヴォレク (1913-1990)をご存じの方は多くないだろう。ポーランド人を両親にコペンハーゲンで生まれたポーランド系デンマーク人。デンマークのヴァイオリンの魔術師と呼ばれた。エッバ・ニッセンとエアリング・ブロクにヴァイオリンを学んだ。主にジャズや映画音楽などの演奏で収入を得ながら1944年、ブラームスの協奏曲を弾いて録音デビュー。デンマークで最も人気を集めたヴァイオリニストと言われる。デンマーク放送の木曜日コンサートでソリストを務め、1940年代と1950年代にかけてクラシカルとポピュラー音楽のレパートリーをレコードに録音、1950年代にはイギリスやアメリカなどへのツアーも行った。俳優として映画にも多数出演している。DECCAに数枚の録音があり、録音エンジニア、クラウス・ビューリトが担当した。これはクヌーズオーウ・リスエーヤの2つのヴァイオリンのためのソナタOp.55bとヴァイオリン、チェロとピアノのためのソナタ Op.55aで何方も1952年頃の録音。クヌーズオーウ・リスエーヤ(1897–1974)はデンマークの作曲家。トヴォレクが居なければ録音されることなく埋もれてしまった作品だろう。SPにも相当の録音を残したトヴォレクだからこそ、世界に紹介した作品である。2つのVnのためのソナタは相当に技巧的な要素を持つが聴きやすい。少なくともバルトークより優しいだろう。ヴァイオリン好きの方なら十分に楽しめる作品。Vn・VcとPf のためのソナタはコミカルな要素を持つ曲でVnソナタにチェロが加わった曲。非常に珍しいだけでなく面白いVnのレコード。古いだけに演奏者はSP期のような芸格と風情を持つ。大推薦!

トヴォレクの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】


×





SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)