[La Voix De Son Maître] P.トルトゥリエ(vc) / バッハ:無伴奏Vc組曲(全6曲)

[ 1289-007 ] Bach - Paul Tortelier ‎– Suites Pour Violoncelle solo BWV 1007-1012 Disque 1-3

通常価格:¥ 22,000 税込

¥ 22,000 税込      



商品コード: 1289-007

作品名:バッハ:無伴奏Vc組曲(全6曲)/第1番ト長調 B.1007, 第2番ニ短調 B.1008 | 第3番ハ長調 B.1009, 第4番変ホ長調 B.1010 | 第5番ハ短調 B.1011, 第6番ニ長調 B.1012
演奏者:P.トルトゥリエ(vc)
プレス国:フランス, France
レーベル:La Voix De Son Maître
レコード番号:2C 063-10828-30
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×3, バラ3枚セット, 3 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【フランスでのステレオ再版(第2版?)】---カラー切手ニッパー・12時に白字でSTEREO MONO×3, 6時に□EMI Made in France by Pathé Marconi, グルーヴガード厚手, 表記されたレコード番号:2C 063-10828/2C 063-10829/2C 063-10830, Rights Society:記載なし, Price Code:記載なし, Ⓟなし, マトリクス/スタンパー:10828 A 21B/10828 B 21C・10829 A 21E/10829 B 21B・10830 A 22A/10830 B 21C (ラウンド小文字スタンパー・Pathéタイプ), EMIグループ・フランス録音・ステレオ製造を示すレコード番号の下5桁で始まるフランス専用マトリクス使用, 補助マトリクス:ラウンドMスタンパー・M6 271991 4/M6 272169・M6 285968/M6 272544・M6 272322/M6 271990, 再補助マトリクス:パテキュラー(Patéculaire)はなし, ラウンド本体スタンパーとラウンドMスタンパーの2種併存のPathéプレス, 1970年代のスタンパーによる1971年頃製造分, 旧番号存在する(箱入り3枚組), 旧番号に銀大ニッパー段付き大STÉRÉOレーベル・グルーヴガード厚手盤存在する(超高額), 白SCニッパー段なし大ステレオレーベル存在するか不明, これより古いレーベル存在する, フランスでの最古レーベル・最厚プレスではない, 更に古いマトリクス存在する, モノラル存在する(箱のみ), RIAAカーヴである, EMIグループ・フランス音源のLa Voix De Son Maître製作Pathéプレス, 工場:Pathé Marconi, Chatou, ステレオ再版, re issuefor stereo
ジャケット:【フランスでのステレオ再版】---表コートペラ×3, 表記されたジャケット番号:2C 063-10828/2C 063-10829/2C 063-10830, Disque 1/Disque 2/Disque 3, 背文字:あり(黒色・白背景・上下赤), ジャケ裏年号:なし, (P)(C)なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが当ジャケットではない・旧番号箱が存在する), 製作:Les Industries Musicales Et Electriques Pathé Marconi. Paris, 印刷:I.D.N Brevete S.G.D.G., 1961年旧番号の箱でが存在する, これより古いタイプ存在する, ステレオ再版, re issuefor stereo
トピックス:1960年12月5-8日パリ・Salle Wagram・でのモノラル/ステレオ録音, 録音技師:Walter Ruhlmann, プロデューサー:René Challan, フランスでは1961年Les Industries Musicales Et Electriques Pathé Marconiによりコピーライト登録・フランスでは1961年La Voix De Son Maître:FALP 696-698/ASDF 217-219で初リリース→1971年頃ステレオのみ再版でバラ発売される・2C 063-10828/2C 063-10829/2C 063-10830(当装丁)→1976年頃2C 069-10828-30・赤EMIニッパーレーベル×3→1980年頃同一番号・後期大ニッパーレーベル--と変遷する, これは1971年頃製造の盤が同じ頃製造のジャケットに入るケースで再版(第2版?)につき安価とした, 英国では1971年英HMV:SLS 798(CSD 3685-7・緑/銀切手ニッパー)で初リリース, フランス箱はモノラル/ステレオともに希少で高額(ASDF 217-219は20万円を超えると思われる), ドイツでは1973年頃箱のみで初リリース, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★+, この曲の録音は多いが上位に入る名演奏!再版が単売となるフランス的なリリース, 当盤でも十分に良い音質で近年入荷が減少している!

商品詳細:1960年の名演。これが初回録音で、1983年にデジタルで2回目を録音した。初出は仏:FALP 696-9(ASDF 217-219)、英:SLS 798、独:1C 183-10828-30。カザルス以降の全曲録音では、迫力のシュタルケル、優雅なフルニエ、平明のトルトゥリエと言えるか?一聴の驚きは小さいが、聴く程に味わいを深め、おそらく一生を通じてコンスタントに聴きたくなる本物。演奏者の意志をできる限り排除し、バッハの意志に忠実たらんとした真の名演!再版だが3枚揃えるのは難しい。多くの方がASDF 217-219のステレオ・オリジナルを希望される気持ちはわかるが当社でも入荷のない激レア盤である。これは再版ではあるが購入可能な金額であり、音質も十分に良くステレオを楽しめる盤であることを保障する。英国では3枚組の箱入りで発売されたが、このカラー切手ニッパーレーベルと同じ1970年代前期のプレスで発売されたことを考えるとフランスでは再版だが英国オリジナルと同等プレスとなり、通常の再版より価値はずっと高いと思われる。特にステレオのASDF 217-219はもし出れば20万円は下らないと思われ、ステレオで聴ける現実的なプレスはこのフランス・カラー切手ニッパーレーベルまたはSLS 798の2択となる、どちらを取るかはお好み次第だが録音はフランスである。カラー切手ニッパーレーベルの音質は大変良く、音質に不満はないと思われる。その昔からバッハ:無伴奏Vc組曲のトップグループの一つに挙げられる録音で今もってその地位に変更はないだろう。

トルトゥリエの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】


×





SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)