商品コード: 1289-024n

[MELODIYA] L.ティモフェーエワ(pf) / モーツァルト:Pfソナタ集-3/Pfソナタ7番K.309, Pfソナタ6番K.284


通常価格:¥ 7,700 税込

¥ 7,700 税込      

商品コード: 1289-024n

作品名:モーツァルト:Pfソナタ集-3/Pfソナタ7番K.309, Pfソナタ6番K.284~第1楽章 Allegro-- | --第2楽章 Rondeau En Polonaise. Andante--第3楽章 Thema. Andante (Mit Zwölf Variationen)
演奏者:L.ティモフェーエワ(pf)
プレス国:旧ソ連, Soviet Union
レーベル:MELODIYA
レコード番号:C10 21789
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【旧ソ連でのオリジナル世代】---青/銀ゴシック内溝, CTEPEO ○○33, グルーヴガード厚, ГОСТ 5289-なし, TУ-なし, Repertoire group:なし, .Price Code:なし, Год выпуска(発行年):なし, スタンパー/マトリクス:C10 21789 2-1/C10 21790 2-1 (ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ), 露/英語表記・国内/輸出共用仕様, 1980年代のスタンパーによる1985年頃製造分, 旧番号存在せず, プレ・メロディアレーベル/DL/SLレーベル存在せず, ГОСТ 5289がある場合・ГОСТ 5289-80が最初(当盤相当), 最古レーベル・最厚プレス世代である, 更に古いマトリクス存在するか不明, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, MELODIYA音源のMELODIYA製作プレス, 内溝のあるレニングラード「Leningrad」レニングラードスキー工場製作, オリジナル世代, original generation
ジャケット:【旧ソ連でのオリジナル世代】---両面半ツヤペラ(レニングラード), Made in USSR, 表記されたジャケット番号:C10 21789 009, Price Code:なし, 背文字:あり(黒色・白背景), (P)なし(C)1984, 露/英語表記・国内/輸出共用仕様, ジャケット裏年号:Apt.なし Зак. なし, 製作/印刷:Ленинградский Завод Грампластинок, オリジナル, original
トピックス:【入荷2度目の希少タイトル】---1981年旧ソ連でのステレオ録音, 録音技師:V. Ivanov, プロデューサー:Igor Slepnev, 1985年MELODIYA:C10 21789(ゴシックレーベル世代の当装丁)にて初リリース, 4枚のLPにモーツァルト:Pfソナタの1-9番の9曲録音あり→C10 17151(1/2番)/C10 17999(3/4/5番)/C10 21789(6/7番)/C10 21791(8/9番), これはVol.3のオリジナル世代, ネイガウス→ザーク→ティモフェーエワ, 大珍品!素晴らしい演奏!1980年代ではありえない当時最高ランクの秀演!当社入荷2度目の希少タイトル!演奏:★★★★, 音質:★★★★

商品詳細:リューボフ・ティモフェーエワ(1944年生まれ)、モスクワ音楽院でザークに学んだネイガウス一派。1969年ロン・ティボー・コンクールで優勝して一躍注目を浴びた。前年のモントリオールでも3位入賞。パリで「バラ色のマドモワゼル」の愛称をつけられた美貌の持ち主。1977年からハイドンの全ソナタ演奏を行ったらしい。これはソ連で最初の快挙だった。しかし西側では全く知られないままであった。改めて聴いてみればなんとも美しい表情。女性的感性が散りばめられていた。ティモフェーエワは所謂男勝りのタイプではないがその技巧は凄まじく、難曲ほどに威力を発揮するタイプ。その技巧派が何故かハイドンやモーツァルトを好んで録音。そこに余裕のある美しさが滲み出てくるのだろう。わざとフォーカスをずらしたような滲みのある音を作る。これは相当の腕達者でなければできない芸当。その腕前が出たのがデジタル録音のショパン練習曲だったが、モーツァルトではハイドンと同じくそれを隠して優しい音で勝負。どちらもティモフェーエワの美質であり、なんとも芸の幅が広いピアニスト。恐ろしいほどの美人! 全部で4枚のLPに3-9番の7曲録音あり。1980年代の録音だが笑顔がこぼれる演奏!MELODIYA録音は年代に依存しないレーベルである。MELODIYA以外で1980年代にこのような素晴らしい演奏・録音は稀なこと!

ティモフェーエワの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】


×





SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)