[MELODIYA] K.ランダル(pf) / モーツァルト:Pfソナタ14番K.457, PfソナタK.533+494

[ 1289-026n ] Mozart - Kalle Randalu ‎– Sonaat C-moll, KV 457 / Sonaat F-dur, KV 533, 494

通常価格:¥ 6,600 税込

¥ 6,600 税込      

数量


商品コード: 1289-026n

作品名:モーツァルト:Pfソナタ14番K.457 | PfソナタK.533+494
演奏者:K.ランダル(pf)
プレス国:旧ソ連, Soviet Union
レーベル:MELODIYA
レコード番号:C10 18001
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【旧ソ連でのオリジナル世代】---白/黒ゴシック, ○○33, グルーヴガード厚, ГОСТ 5289-80, TУ-なし, Repertoire group:Вторая-гр.2, .Price Code:1-20, Год выпуска(発行年):なし, スタンパー/マトリクス:C10-18001 2-3/C10-18002 2-1 (ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ), エストニア語表記・国内仕様, 1980年代のスタンパーによる1982年頃製造分, 旧番号存在せず, プレ・メロディアレーベル/DL/SLレーベル存在せず, ゴシックレーベルの最初期分, ГОСТ 5289がある場合・ГОСТ 5289-80が最初(当盤), 最古レーベル・最厚プレス世代である, 更に古いマトリクス存在する, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, MELODIYA音源のMELODIYA製作プレス, リガ「Rīga」リースキィ工場製作, オリジナル世代, original generation
ジャケット:【旧ソ連でのオリジナル世代】---両面紙ペラ(リガ), 表記されたジャケット番号:C10-18001-2, Price Code:Цена руЬ. 1.45, 背文字:あり(黒色・白背景), エストニア/英語表記・国内/輸共用仕様, ジャケ裏年号:Apt.10-9 Зак. 1340-500, (P)なし(C)1982, 製作:Рижский ордена Знак Почета завод грампластинок(Rīgas Skaņuplašu Fabrika), 印刷:Типография РЗГ «Мелодия», オリジナル, original
トピックス:1981年エストニア・タリン・«Estonia» Concert Hallでのステレオ録音, 録音技師:Enn Tomson, プロデューサー:Endel Ruht, 1982年Таллинская Студия Грамзаписиによりコピーライト登録・同年MELODIYA:C10 18001(当装丁)にて初リリース, 2度目の入荷, 優秀録音で目から鱗の斬新な解釈, 珍しいリガ工場プレス, この番号は全てリガ工場と思われる, ランダルのモーツァルト:Pf協奏曲は他に9番:C10 21095/25番:C10 20361の2枚とソロ2点C10 14189/C10 18001(当盤)がある, 演奏:★★★★★, 録音:★★★★

商品詳細:カレ・ランダル(1956年-)はエストニア出身のピアニスト。彼の師はエストニアで戦前からSP録音も出すブルーノ・ルーク(1909-91)。第3回ショパン・コンクールにエストニア代表として出場している(入賞せず)。従って、ランダルはロシアのピアニストでありながら四大スクール出身ではない。つまり四大スクール以外にも周辺の系譜が存在するということが理解されよう。佐藤氏曰く、「ランダルはグリンベルク、ヴィルサレーゼよりもモーツァルト弾きである」と断言している。ランダルのスタイルは基本、古典的である。しかし1950-60年代の様式にスパイスをかけたような斬新さも感じる。速度は遅く全体的には伝統を踏襲している。しかし細部には様々なマジックが仕掛けられいる。そうでなければ同じことを1980年代に繰り返しても意味がない。またロシア人的な何かが黙っていないのだろう。基本古典なので誰でも安心して聴いていられる。どこにどれだけ隠し玉を隠しているかを探しながら聴くのが実に楽しい。これぞロシアのピアニストといって過言ではない。それに引き換え西側の若手ピアニストたちは悲惨な状況にある。何をやっても裏目に出るだけでコンクールで良い成績を残しても感銘がない。更にレコード会社の音は薄口醤油を更に水で割っている有様。面白くなければもはや芸術家の称号は錆びたバッチ程度の価値しかない。ゆったりしたテンポで奇妙に奏でる個性豊かな鬼才でなかなか聴かせる技を持っている!

ランダルの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】


×





SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)