[PHILIPS] イ・ムジチ合奏団 F.アーヨ, Wガロッツィ(vn) E.アルトベッリ(vc) M.T.ガラッティ(org) / ヴィヴァルディ:Vn協奏曲集「ラ・ストラヴァガンツァ」Op.4(全12曲)

[ 1275-050 ] Vivaldi - I Musici – La Stravaganza Op. 4 - Vol. I /Ⅱ– Concerti Nos. 1-12

通常価格:¥ 9,900 税込

¥ 9,900 税込      

数量


商品コード: 1275-050

作品名:ヴィヴァルディ:Vn協奏曲集「ラ・ストラヴァガンツァ」Op.4(全12曲)/第1番変ロ長調 RV.383a, 第2番ホ短調 RV.279, 第3番ト長調 RV.301, 第4番イ短調 RV.357, 第5番イ長調 RV.347, 第6番ト短調 RV.316a | 第7番ト長調 RV.185, 第8番ニ短調 RV.249, 第9番ヘ長調 RV.284, 第10番ハ短調 RV.196, 第11番ニ長調 RV.204, 第12番ト長調 RV.298
演奏者:イ・ムジチ合奏団 F.アーヨ, Wガロッツィ(vn)E.アルトベッリ(vc)M.T.ガラッティ(org)
プレス国:フランス, France
レーベル:PHILIPS
レコード番号:A 02331-2 L
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×2, バラ2枚セット, 2 single records
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【フランスでのモノラル・オリジナル】---アズキ/銀2重内溝×2, 外周3cmの盛上り(カマボコ)あり, 厚手(グルーヴガード厚手以前の厚手盤・端はナイフエッジに近い), Made in Franceの刻印なし, 表記されたレコード番号:A 02331 L/A 02332 L, Price Code:Ⓐ, Rights Society:DR, (P)なし, スタンパー/マトリクス:PHI 6 AA 02331 1L 1 670 113C/PHI 6 AA 02331 2L 1 670 114C・PHI 6 AA 02332 1L 1 670 1111/PHI 6 AA 02332 2L 1 670 112C (ラウンド中文字スタンパー・仏PHILIPSタイプ), PHILIPS規格のモノラル製造を示すPHI 6 AA ***で始まりレコード番号を含むフランス専用スタンパー使用, 補助マトリクス:A1/A1・A2/A2, 再補助マトリクス:なし, フランスの670はPHILIPSグループの工場を示すとともにカッティングマスターがPhonodisc B.V.による事を示す, 1960年代のスタンパーによる1963年頃製造分, 旧番号存在せず, フラット盤存在せず, アズキ/銀外溝レーベル存在せず, フランスでこれより古いモノラルレーベル存在せず, フランスでのモノラル最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在せず, ステレオ存在する, RIAAカーヴである, カッティング・マスター:Phonodisc B.V.の技師, PHILIPS音源の仏PHILIPS制作プレス, 工場:Société Phonographique Philips, ノーマル・カップリング, フランスでのモノラル・オリジナル, original for mono in Fr.
ジャケット:【フランスでのモノラル・オリジナル】---表コート厚紙×2, Volume I/Volume Ⅱ, 表記されたジャケット番号:A 02.331 L/A 02.332 L, Price Code:Artistique, 背文字:あり(黒色・白背景), ジャケット裏年号:なし, (P)(C)なし, 当社入荷履歴上で最古裏年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがフランスモノラルでは当ジャケットである), 製作:Société Phonographique Française Polydor S.A., 印刷:記載なし・フランス製, シングルタイプの最初期分, フランスでこれより古いモノラルタイプ存在せず, フランスでのモノラル・オリジナル, original for mono in Fr.
トピックス:1963年6月スイスでのモノラル/ステレオ録音, 録音詳細不明, オランダでは1963年N.V. Philips Phonografische Industrieによりコピーライト登録・同年PHILIPS:A 02331-2 L/835 209-10 AY(バラ2枚・アズキ/銀HI-FI STEREOレーベル)にて初リリース, フランスでは1963年仏PHILIPSからモノラル:A 02331-2 L(当装丁)にて初リリース, ステレオ:835 209-10 AY(アズキ/銀2重内溝HI-FI STEREOレーベル×2・HIFI-STEREOロゴ付きジャケット入り)にて初リリース, これはフランスでの初年度リリース分モノラル・オリジナルバラ2枚セット!演奏:★★★★+, 音質:★★★★+

商品詳細:全部で7つある、6曲又は12曲セットのVn協奏曲集のうち、最初に書かれたラ・ストラヴァガンツァOp.4はLP2枚で12曲が完結する。この曲は1713年に刊行され、行政司法官V.デルフィノに献呈された。ストラヴァガンツァとはイタリア語で「熱狂」の意味を持つ。F.アーヨを第一ソロVnとし、W.ガロッツィ他、イ・ムジチがバックを務める。他のどの録音よりもイタリアの青い空気がイメージされるラテン的な演奏。アーヨの時代は良かったと言われることが多いが、輝いていた時の録音だ。イ・ムジチ合奏団はヴィヴァルディの大半の主要曲を録音しており、特にOp.番号が付く曲集は全て録音している。それらは計画的に全曲録音されており、曲目的にもイ・ムジチ合奏団にしておけば漏れることなく完結する。また内容については何度も「四季」を録音しているように演奏の信頼度に関しては最高レベルに達していることは疑いのない事実である。この録音は1963年でコンマスはフェリックス・アーヨ、第2Vnにワルター・ガロッツィ。エンツォ・アルトベッリ(チェロ)、マリア・テレサ・ガラッティ(オルガン)と申し分ないメンバーによる録音である。モノラル盤でもすこぶる音質は良く、空気はもうイタリア!

イ・ムジチの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】


×





SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)