[DECCA] P.ケイティン(pf) / リスト・リサイタル-1/リスト:ダンテを読んで, ポロネーズ2番, コンソレーション

[ 1209-027p ] Liszt, Peter Katin – Liszt Recital

通常価格:¥ 6,600 税込

¥ 6,600 税込      

数量


商品コード: 1209-027p

作品名:リスト・リサイタル-1/巡礼の年 第2年「イタリア」~第7曲 「ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲」, 2つのポロネーズ~第2番 ホ長調 | 6つのコンソレーション(前6曲)
演奏者:P.ケイティン(pf)
プレス国:英国, United Kingdom
レーベル:DECCA
レコード番号:LXT 2877
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:A面10時に極小数回出る小スレあるが殆ど影響なく7とした
レーベルタイプ:【英国でのオリジナル】---金内溝, 12時にMade in England, フラット重量, Rights Society:記載なし, (P)なし, TAX Code:N/T (1953年4月~1955年10月を示す), スタンパー/マトリクス:CA ARL 1898-2B/ARL 1899-1B (ラウンド中文字スタンパー・英DECCA旧タイプ), 英DECCA規格モノラル製造を示すARL-***を含みレコード番号を含まない専用マトリクス使用, 補助マトリクス(3時):A/M, 再補助マトリクス(9時):3/5, 1950年代製造のスタンパーによる1953年頃製造分, 金内溝レーベルの最初期分, これより古いレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在すると思われる, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, 英DECCA音源の英DECCA制作プレス, カッティング担当:イニシャルBはRon Mason(ロン・メイソン)を示す, 工場:Decca Record Co. Ltd., Pressing Plant.UK, オリジナル, original
ジャケット:【英国でのオリジナル】---折返紙ペラ, 表記されたジャケット番号:LXT 2877, Price Code:なし, 背文字:なし(初期の証拠), (P)(C)なし, ジャケ裏年号:C.12.53, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:12.53(当ジャケットである), 製作:The Decca Record Company Limited. London, 印刷:Clout & Baker Ltd., これより古いタイプ存在せず, オリジナル, original
トピックス:【初入荷の希少盤】---1953年ロンドンでのモノラル録音, 録音詳細不明, 1953年The Decca Record Company Limited. Londonによりコピーライト登録・同年12月DECCA:LXT 2877(当装丁)にて初リリース, 記載ないがリスト・リサイタルVol.1になる, Vol.2はLXT 2971で1954年初リリース, 当社初入荷の希少盤, ケイティンの残した2枚のリスト・リサイタルの1枚

商品詳細:ピーター・ケイティン(1930- 2015)は英国ロンドンの生まれのピアニスト。当初はハーヴェイ・グレイスにピアノを師事したが、12歳で王立音楽院に入学を許され、ハロルド・クラクストンの教えを受けた。1943年から1944年までウェストミンスター寺院の合唱団にも所属した。1948年にはロンドンのウィグモア・ホールでデビューし、1958年には旧ソ連への演奏旅行を行った。1971年にはアメリカを演奏旅行している。2004年1月にウィグモア・ホールでコンサートを開いた後に演奏活動から引退した。1956年から1959年まで母校の王立音楽院の講師を務め、1978年から1984年までウェスタンオンタリオ大学で教えた。1992年から2001年まで王立音楽大学で教鞭を執る。2015年3月19日に死去。主にDECCAに1950年代前期頃から録音を始めている。カーゾンやカッチェンのように目立つ存在ではなかったが意外な程の録音を残した。しっかりした技巧を持ち、地味ながら堅実な演奏で曲の神髄に迫らんとした英国紳士的なピアニストである。ショパンを中心にロマン派までこなし、DECCAのピアノ部門の中核を担った。あまりテンポはいじらず中庸の美というものを知らしめたピアニストといえる。ショパンでは夜想曲全集でバランスの取れた名演を残したケイティン。リストはモノラル期に2枚のリサイタル盤を残した。これはそのVol.1に当たる。ショパンとは異なり大胆にピアノを鳴らすが、それでも抑えて敢えて強い打鍵は使っていない。あくまで強く叩かず表情で弾くポリシーでいるリストである。B面のコンソレーションは膨らみのある美音を使い遅いテンポでほどよく歌い上げる。B面は流石の仕上がり。

ケイティンの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】


×





SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)