[SUPRAPHON] J.ヨナーショヴァー(s) M.ムンツリンゲル指揮アルス・レディヴィヴァ / バッハ:世俗カンタータ204番B.204, 世俗カンタータ209番B.209

[ 1206-001 ] Bach - Jana Jonášová, Ars Rediviva, Milan Munclinger

通常価格:¥ 4,400 税込

¥ 4,400 税込      

数量


商品コード: 1206-001

作品名:バッハ:世俗カンタータ204番B.204「われはおのがうちに満ち足れり」(用途不明) | 世俗カンタータ209番B.209「 悲しみのいかなるかを知らず」(送別用)
演奏者:J.ヨナーショヴァー(s)M.ムンツリンゲル指揮アルス・レディヴィヴァ
プレス国:旧チェコ・スロバキア, Czechoslovakia
レーベル:SUPRAPHON
レコード番号:1112 2453
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:S
キズ情報:
レーベルタイプ:【旧チェコ・スロバキアでの輸出仕様オリジナル・タイプ】---青/銀1本線, ○○33 STEREO, 12時にMade in Czechoslovakia, グルーヴガード厚, (P)1979, Rights Society:記載なし, 英語表記・国内輸出共用仕様, Price Code:G (Kčs 36), スタンパー/マトリクス:E 4689 A D/ E 4690 A B (ラウンド小文字スタンパー・SUPRAPHONタイプ), SUPRAPHON規格ステレオ製造を示すE***で始まりレコード番号を含まない専用マトリクス使用, 補助マトリクス:1/11, copyright year code(レーベル登録初年号):なし(対象外) , Manufacturing date code(実際に製造された年/月を示す・ない場合はcopyright year codeと同年):80.2(1980年2月を示す)79があると思われる, 1980年2月製造のスタンパーを用いた1980年頃の製造分, 旧番号:なし, ツヤレーベル存在せず, これより古いレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在するか不明, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, SUPRAPHON音源のSUPRAPHON制作プレス, 輸出仕様オリジナル・タイプ, original type for stereo for export
ジャケット:【旧チェコ・スロバキアでの輸出仕様オリジナル】---両面コートペラ, リブレット付き, 表記されたジャケット番号:1112 2453, Price Code:なし, 背文字:あり(黒色・白背景), ジャケ裏年号:なし, (P)なし(C)1979, 西側語表記の輸出仕様, 製作:Supraphon A. S., 印刷:不明・チェコ製, 旧番号は存在せず, 輸出事務所:Prague Artia Prague, 初年度分, 輸出仕様のオリジナル, original for export
トピックス:【初入荷の希少タイトル】---1978年2月6-26日プラハ・ドモヴィナ・スタジオ('Domovina' Studio)でのステレオ録音, 録音技師:áclav Roubal, プロデューサー: Jan Vrána, 1979年Supraphon A. S.によりコピーライト登録・同年SUPRAPHON:1112 2453(当装丁・Manufacturing date code:79.2)にて初リリース, これは1980年製造のオリジナル・タイプ盤がオリジナルジャケットに入る輸出仕様オリジナルタイプ盤, 当社初入荷の希少タイトル, SUPRAPHONは同一番号・同一レーベルで毎年プレスを続けるので初年度製造分は滅多に無いのが実情, 演奏:★★★★+, 音質:★★★★+

商品詳細:チェコのソプラノ歌手、ヨナ・ヨナーショヴァー(1943-)はプルゼニで生まれ。プラハ音楽院でベンドロヴァと歌を学び、プラハ芸術アカデミーでテオドール・シュルバと歌を学んだ。彼女は1965年にリベレツ劇場でモーツァルトの「後宮からの誘拐」でコンスタンツェとしてデビューを果たした。彼女はプラハの室内オペラに関わるようになり、1970年までリベレック劇場に献身し続け、その後プラハの国立劇場に参加。1973年にヨナーショヴァーは国立劇場のプリンシパル・ソプラノに昇進した。1970年代初頭から、数多くのオペラハウスでゲストアーティストとして出演し、国際舞台で活躍している。ベルリン国立歌劇場、ベオグラード国立劇場、ボルショイ劇場、ザグレブのクロアチア国立劇場、エディンバラフェスティバル、ジュネーブ大劇場、ハンガリー国立歌劇場、ラモネ、デネダーランセオペラへの出演が含まれる。モーツァルト、ヴェルディ、シュトラウスなどによるアリアを録音するなど、数多くのソロアルバムを録音してる。1985年にソ連人民芸術家の称号を授与された。これまでにモーツァルトのコンサート・アリア集:10 11141の入荷はあったが、バッハのカンタータ集はこれが初入荷となる。録音は1978年で、オケはチェコのバロックアンサンブルの重鎮ミラン・ムンツリンゲル率いるアルス・レディヴィヴァが固める。澄んだヨナーショヴァーの声で聴く2曲の世俗カンタータはバッハ好きならコレクションに加えてしかるべき内容だろう。古い録音ではないがかなり希少!

ヨナーショヴァーの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】


×





SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)