[Club National de Disques] B.モイセイヴィチ(pf) O.アッカーマン指揮/M.リンパニー(pf) W.ジュスキント指揮/ シューマン:Pf協奏曲Op.54, プロコフィエフ:Pf協奏曲3番Op.26

[ 1167-023c ] Schumann, Prokofiev – Concerto En la Mineur, Op. 54 / Concerto N° 3 En Do Majeur, Op. 26

通常価格:¥ 1,100 税込

¥ 1,100 税込      

数量


商品コード: 1167-023c

作品名:シューマン:Pf協奏曲Op.54, プロコフィエフ:Pf協奏曲3番Op.26
演奏者:B.モイセイヴィチ(pf)O.アッカーマン指揮(シューマン)/M.リンパニー(pf)W.ジュスキント指揮(プロコフィエフ)フィルハーモニアo.
プレス国:フランス, France
レーベル:CLUB NATIONAL du DISQUE
レコード番号:CND 550
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:A面8時に極小8回出る点あるが影響は僅かで7とした
レーベルタイプ:紺/銀段付, 6時にMade in France, Le Club Des Jeunesses Musicales De France, グルーヴガード厚手, 表記されたレコード番号:C.N.D. 550, Rights Society:DP, (P)なし, スタンパー/マトリクス:2XEA 387 21B/2XEA 998-1N(ストレート/ランド小文字スタンパー・EMI/Pathéタイプ), 英国EMIグループ音源・英国録音モノラル製造を示す2XEA***で始まりレコード番号を含まないフランス/英国型フランス専用スタンパー使用, 補助マトリクス:ストレートMスタンパー・M6 203134/M6 192571, 再補助マトリクス:パテキュラー(Patéculaire)はない, フランス/英国型ストレート/ラウンド本体とストレートMスタンパーの2種併存のPathéプレス, 旧デザインの紺/銀帯段付レーベルが存在するが大差はなく同じ段付レーベル, 1950年代のスタンパーによる1962年頃製造分, 赤白内溝レーベル存在せず, これより古いレーベル存在する, フラット盤存在せず, フランスで最古レーベル・最厚プレスではない, FALPは存在しない, 更に古いマトリクス存在するか不明, ステレオ存在する(フランスにはない), RIAAカーヴである, EMIグループ音源のClub National de Disques制作Pathéプレス, 工場:Pathé Marconi EMI, Chatou, フランスでの第2版, (サードパーティ・クラブ盤), 2nd issue in Fr.
ジャケット:折返表コート, 表記されたジャケット番号:CND 550, 背文字:なし(初期の証拠), ジャケ裏文字:あり(仏語解説と仏語タイトル), ジャケ裏年号:なし, (P)(C)なし, 当社入荷履歴の最古裏年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがフランスでは当ジャケットではない・旧デザインが存在する), 写真撮影者:Photo Maltere. Paris, 原画/被写体:ピアノの写真とタイポグラフィー, デザイン:Club National de Disques Group, ライナーノーツ:J.L./R.-M.H., 製作:Le Club Des Jeunesses Musicales De France, 印刷:記載なし・フランス製, フランスでのサードパーティプレス・クラブ盤, フランスでは同レーベルに旧デザインが存在するフランスでの第2版, (サードパーティ・クラブ盤), 2nd issue in Fr.
トピックス:シューマン(モイセイヴィチ):1953年頃のロンドンでのモノラル録音, プロコフィエフ(リンパニー):1959年頃のロンドンでのモノラル/ステレオ録音, モイセヴィチのシューマンはグリーグのPf協奏曲とのカップリングで1953年His Master's Voice: CLP 1008(紺/銀中溝・フラット盤)にて初リリース, リンパニーのプロコフィエフ:Pf協奏曲3番は同Pf協奏曲1番とのカップリングで1960年His Master's Voice:CLP 1126/CSD 1253(緑/金輪レーベル)にて初リリース, フランスでは英国と同じカップリングは存在せず当カップリングで1960年頃Club National de Disques:CND 550で初リリースされた, これはその1962年頃リリース分野セカンドプレス, フランスにFALP番号はない, フランス側でリンパニーのプロコフィエフ1番がリリースされたか不明

商品詳細:モイセイヴィチのシューマンはグリーグとのカップリングでCLP 1008、一方リンパニーのプロコフィエフは同一番とCLP 1126/CSD 1253がオリジナル英HMV番号。これに対応する仏プレスの入荷はない。あまりに英国色が強い録音なのでVSMでは発売せず、クラブ・ナショナルが独自のカップリングで出した?! シューマンは米国ではRCA・LBC 1081で幻想小曲集Op.12とのカップリングだった。企画盤とはいえ、パテ・プレスの音質は上々。気軽に安価に聴くならこれでも充分過ぎる程楽しめる。

リンパニーの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】







SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)